水素水 持ち運びの問題点・デメリット/発生剤とサーバーがおすすめ

水素水の持ち運びの問題点・デメリットとは

水素は、時間が経つとなくなる

Hourglass, Clock, Time, Deadline, Hour, Rush, Hurry

 

水素は時間が経つにつれ、どんどん抜けていきます。
コップに入れて3時間経つと、水素の量が半分ほどに減るそうです。

水素水を作ったときから水素は絶えず抜け続けているため、水素は作りたてを飲むのが1番『水素量が多い状態の水素水』を飲むことができます。
例えば、朝に容器に入れた水素水をその日の夕方に飲むと、普通の水と変わりません。
持ち運びをしている間に時間が経つため、どんどん水素が逃げていきます。

 

水素水の水素は、ペットボトルでも抜けてしまう

Bottles, Plastic Bottle, Bottle, Mineral Water, Water

 

水素は、『宇宙で一番小さな分子』であり、化学式で1番最初に出てきます。

分子が小さいため、他の分子では入れない「脳」などにも入ることができる大きなメリットがあります。
しかし、水素水を入れる容器よりも、分子が小さく抜けてしまいます。

ペットボトルはもちろん、たいていの容器は蓋をしても抜けてしまうため、持ち運びには適していません。

また、『ペットボトルで販売している水素水』は、水素が抜けているため、買わないようにしましょう。
以前は販売されていたようですが、今はほぼなくなっているようです。
しかし、amazonで検索すると数種類まだ販売されていたので、注意してください。

水素が抜けない容器は、『アルミニウム製』のみ

silver tabby cat on brown wooden table

 

しかし、水素が抜けづらい容器の材質が1つあります。
それは『アルミニウム製』の容器です。

『アルミニウム製』の容器のみ水素を保つことができるので、
水素水を購入される際は必ず、『アルミボトル』や『アルミパウチ』に入っている水素水を選びましょう。

アルミニウム容器の水素水は、水素測定器で測定をした際に、しっかり水素が検知されたことが発表されているので、安心です。

例えば、下記のような容器がアルミニウム製です。

【アルミパウチタイプ】


2019-2021年 モンドセレクション3年連続金賞受賞!! 高濃度 水素水 500ml 24本セット送料無料!!

【アルミボトルタイプ】


【エントリーでポイント5倍】水素水 310mlボトル缶 24本 1ケース【送料無料(一部地域除く)】ナチュラル ミネラルウォーター 軟水 水素 H2 伊藤園 ITOEN 国産

 

水素水は、買うよりも ❝出来立て❞ が効果的

水素発生剤タイプ

clear glass jar

 

おすすめの1つめは、『水素発生剤タイプ』です。
水素発生剤とは、専用容器に水素発生剤を入れることによって、水素を発生させることができるものです。

たいていの発生剤は、専用容器が必要になり例えば下記の専用容器と発生剤のセットは『2万円』ほどします。
また、発生剤も30回分で『5千円』ほどするなど、コストパフォーマンスはあまり良くないです。


★15時まであす楽対応★【初めての方に】【送料無料】GASS HYDROGEN WATER BOTTLE(GASS水素水ボトル) 300ml×1、MH-1(GASS水素発生剤)30個(5個×6袋)×1

 

また、ボトルタイプだと水素発生剤がなくても、ボトルの中で電気分解することにより水素を発生できるものもあります。
発生剤は必要なくなり、さらにこのタイプは水素をカニューラによって鼻から吸うこともできます。

しかし、10万円以上するものが大半になるので、一気に価格が上がります。
例えば、下記のサイトの『ダブル水素ボトル』はボトルのみで発生するタイプです。

特許生成方式の水素吸入&水素水生成!ダブル水素ボトル

『ウォーターサーバー』タイプ

white wooden door beside stainless steel sink

 

もう1つのおすすめは、『ウォーターサーバータイプ』です。

ウォーターサーバータイプにも、水素が作れるものがあり、出来立てを飲むことができます。
蛇口に取り付けて、ワンタッチで水道水と水素水を切り替えることができるものや、据え置き型のウォーターサーバーなどがあります。

水素発生剤に比べて、水素の発生を待たずにすぐに飲むことができますし、長い目で見ると水代だけで済むのでコストパフォーマンスが良いです。
例えば、『水素水のガウラ』の中古のウォーターサーバーは『3万円』ほどです。
水素発生剤の容器は1~3万円程度、さらに水素発生剤を買い続けなければならないので、ものによりますが1年超えればウォーターサーバーの方がコストパフォーマンスが良くなるものが多いです。

 

以前、おすすめの水素水メーカーの記事を書いているので、ウォーターサーバーが気になる方は参考にしていただければ幸いです。

 

さいごに

white ceramic sink

 

水素水は、美容・健康効果があるため、外出先でも飲むことができれば嬉しいですよね。

私がコストパフォーマンスなども考えて1番おすすめするのは、ウォーターサーバーです。
アルミニウム製の容器は色んなものが安く売っているので、水素水を入れるだけで十分なのではと個人的に思います。

また、『水素吸入器』という機械もおすすめです。
吸入器は、水素を飲むのではなく吸うため、お腹がいっぱいにならず永遠と水素を摂ることが可能です。
1時間の吸入で『水素水60リットル』分の水素が摂れるなど、水素水よりも何十倍もの水素が摂れます。

水素水をお考えの方は、水素吸入器も検討することもおすすめです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中