水素と『アレルギー』についての関連情報まとめ

アレルギーへの有効性

 

 

アレルギーの効果については、上記の本の中で坂田英二先生(目白大学保健医療学部教授、埼玉県立小児医療センター 耳鼻咽喉科 副部長)が報告されています。(記事は、こちらの図書を参照)

 

鼻アレルギー(花粉症)

Squirrel, Tree, Think, Sneeze, Funny, Brown Thinking

30人の患者への臨床試験では、水素を混ぜた点鼻薬で75%の確率で効果が見られたとのことです。
製品化されれば、国民病と言われる花粉症の治療に期待が持てます。

また、名古屋大学医学部とその他医療機関による実験では、『水素水が、即時型のアレルギーを抑制する』ことが発表されています。

 

アトピー性皮膚炎

selective focus photography of white clustered flowers on left human hand

 

アトピー性皮膚炎の実験では、マウスを使って有効性が明らかにされました。
こちらの実験では、水素水の摂取により、『急性アレルギー反応』が抑制されたとのことです。
これは、アトピー以外にも様々なアレルギー反応にも有用なものと考えられます。

現在は、軟膏での治療が一般的ですが、有害な副作用が多数報告されているそうです。
人体に無害の水素による、皮膚薬の開発が注目されています。

また、海外でも、アトピー性皮膚炎の論文が発表されています。
発表によれば、アトピー性皮膚炎は、酸化ストレスと免疫の不均衡によって引き起こされるため、酸化ストレスの原因である活性酸素を水素水によって減少させることによって、改善されたというものです。活性酸素はアトピーにも関係があるんですね。

 

年齢を重ねると、花粉症にかかりやすくなる
bee on white flower

 

年齢とともに免疫力が衰えていくため、大人になってから花粉症になる人が多いと言われています。

人間の免疫力は、20歳をピークに減少し、40代では20代の約半分になります。
70代になると、約10分の1になると言われています。

この「免疫力」をアップすることにより、より花粉症にかかりにくくい風邪をひきにくい体質に近づけます。

 

水素で免疫力をアップさせよう

bee in flower

免疫細胞の6割は腸内にあり、腸内環境を整えることは免疫力のアップに直結します。
腸内のバランスが崩れ、悪玉菌が大量に発生すると、悪玉活性酸素である『ヒドロキシラジカル』をつくり出します。

ヒドロキシラジカルは多くの病気の根源であり、身体に害を及ぼしますが、水素にはヒドロキシラジカルに選択的に結びつき、無害の水として体外へ排出してくれる働きがあります。
水素を多く取り入れることにより、ヒドロキシラジカルを対外へ出すことにより、免疫力アップにつながるのです。

 

水素にはストレスを減らす効果も

水素を吸入には、副交感神経が優位になり、リラックスできる効果があります。
リラックスすることにより、疲労も取れやすくなるほか、自律神経も整い、免疫力アップにつながります。

水素吸入器の中には、アロマ機能がついているのものあり、アロマの香りでさらにリラックス効果が高まります。
下記の吸入器がその製品で、色んな香りを楽しむことができます。
ちなみに、ラベンダーの香りは『リラックス作用』や『自律神経のバランスを整える作用』があり、副交感神経が優位になることによる安眠効果が期待できます。

 

さいごに

Butterflies, Flowers, Pollinate, Pollination

私も季節によって、花粉症の症状に悩まされています。
目がかすむため目薬が手放せなくなったり、外出時の鼻水は本当に勘弁してほしいところです。
免疫力が低下している忙しい時期にアトピーのような症状も起きたこともあり、『アレルギーに負けない健康的な身体の状態』になることが大切だとしみじみ思います。
みなさまも、風邪をひかないよう、ご自愛ください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中